メニュー

お知らせ

冷え性を改善する方法について!

公開日:2020年11月05日(木)

こんにちは。

 

ライフプラス西明石の西川です。

 

本日も快晴ですが、最近は強く冷たい風がふき、ダウンを出してもいいくらいの寒さになってきましたね。

 

今年の冬はかなり気温が下がるらしいので防寒対策を怠らないようにしましょう!

 

さて今回は、冷え性を改善する方法を書いていきたいと思います。

 

1つ目は、入浴・半身浴です。

 

シャワーではなく、お風呂につかって体を温めるのが冷え性改善に最も良い方法のひとつです。

 

38℃40℃くらいのぬるめのお湯に、じんわり汗をかくくらいまで、少し長めにお湯につかるのがオススメです!

 

副交感神経が働いて血管が拡がり、血行が良くなります。リラックスして体の芯から温めましょう。

 

2つ目は、適度な運動です。

 

血液の流れを良くする為には新陳代謝を促進することです。

 

新陳代謝を促進するのに最も効果があるのが運動で、ハードなスポーツでなくても大丈夫です!

 

毎日の生活の中で、少し歩く量を増やしたり、仕事や家事の合間に簡単なストレッチをするだけでも十分効果があります。

 

特に、就寝前のストレッチは、血行が良くなって体温が上がり、ぐっすりと睡眠をとることができます!

 

3つ目は、ビタミンEを摂ることです。

 

ビタミンEには、末端の血行障害を改善するはたらきがあります!

 

からだの隅々にまで血液を行き渡らせる効果にすぐれているため、冷えで悩む人にとって、必須ともいえるビタミンでもあります。

 

また、ビタミンEにはホルモン分泌を調整する作用もあるので、自律神経の乱れを改善する効果もあるので是非摂りましょう!

 

それではまた月曜日に!

 

免疫力を上げる取り組みを改めて記します!

公開日:2020年11月04日(水)

こんばんは。

 

ライフプラス西明石の泉川です。

 

1日1日寒くなっていますが、体調を崩されていないでしょうか?

 

これからの時期は寒さと乾燥の時期となり、インフルエンザやその他カゼが流行り出すので、体調管理に気を付けなければなりませんね。

 

インフルエンザワクチンを打ち対策する人も多いと思いますが、本当に大切なのは自己免疫を高めていくことです。

 

仮にワクチンを打っていても、自己免疫を高める取り組みが疎かになっていれば、ワクチンを打ったのにも関わらずインフルエンザにかかるというサイクルに陥ります・・・。

 

そうならない為の取り組みをこの場を通じて改めて記していければと思います。

 

その取り組みは主にこの4つです!

 

・五大栄養素の適性摂取

・腸内環境の整備

・体温を上げる

・睡眠時間&質

 

これらを適切に行えば、免疫力の高いカラダを作ることが出来ますので、楽しみにお待ちください。

 

冷え性になる原因について!

公開日:2020年11月02日(月)

こんばんは。

 

ライフプラス西明石の西川です。

 

本日は朝から雨が降り、1日中どんよりした天気でしたね。

 

今日の雨でさらに気温が下がるらしいので皆様も体調崩さないように気をつけましょう!

 

さて今回は、冷え性について書いていきたいと思います。

 

私自身も冷え性なので、どういう原因でなっているのか皆さんと共有していきたいと思います!

 

冷え症とは、血液の流れが悪いため毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮し、そのために手足などが冷えてしまう状態のことです。

 

気温とは関係なく体が温まらないので、真夏であっても冷え症の症状は出ます。

 

冷え症には日々の生活習慣が大きくかかわっているので、その主な原因をいくつか挙げてみたいと思います。

 

まずは運動不足です。

 

運動不足は身体の代謝を低下させ、血液の循環を悪くする原因となります。

 

また、筋肉量が少ないと体内で熱を生産することが出来ず、うまく体を温められません。

 

特に女性の場合、男性よりも筋肉量が少ないので熱を作りにくく冷えやすい体質だと言えます。

 

2つ目は自律神経の乱れです。

 

ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。

 

また、常に室内の空調が効いていると、室内外の温度差が激しくなるため、自律神経の機能が乱れます!

 

3つ目は皮膚感覚の乱れです。

 

きつい下着や靴などでからだを締めつけたりすると血行が滞り、「寒い」と感じる皮膚感覚が麻痺することがあります。

 

そのため体温調節の指令が伝わりにくくなってしまいます!

 

4つ目は食生活の乱れです。

 

冷たい飲食物や甘い物、ファストフードやスナック菓子を食べすぎることや、無理な食事制限を伴うダイエットは良くありません。

 

その結果、ミネラル・ビタミン不足に陥ることで、体を冷やし、血液をドロドロにして循環を悪くする原因となります!

 

次回は、冷え性を改善させるためにはどうすればいいのかを書いていきたいと思います。

 

それではまた木曜日に!

 

サツマイモの1日にとれる栄養素について!

公開日:2020年10月26日(月)

こんにちは。

 

ライフプラス西明石の西川です。

 

最近になってまた気温が下がり、外ではダウンを着てる人をよく見かけるようになりました。

 

昼間は暑く、朝夜は気温が低いので服装に困ると思いますが体調には気をつけましょう!

 

さて今回は、サツマイモの1日に摂れる栄養素の量について書いていきたいと思います。

 

まず、ビタミンC1日あたり100mgが必要です。

 

さつまいもには100gあたりに29mg1日に必要なビタミンC量の約1/3が入っています。ビタミンC量はリンゴの約7倍です!

 

食物繊維は、1日あたり20gが必要で100gあたりに2.3g1日に必要な食物繊維量の約1/9が含まれています。

 

これはレタスの2倍、ごはんの約10倍です。

 

カリウムは1日あたり2500mg必要で、さつまいも100gあたりに470mgが含まれていて、これはモロヘイヤやあしたばとほぼ同等の量です。

 

ビタミンEは、1日あたり6.5mgが必要で100gあたりに、1.6mg1日に摂取すべきビタミンEの約1/4が摂取できます。

 

これはビタミンEが多いとされるかぼちゃに匹敵します。

 

ヤラピンには1日の必要量はありませんが、食物繊維と合わせて摂取することで、相乗効果を得られます。

 

さつまいもは便秘に良いとされている所以です。

 

上記の通り、サツマイモは偏った栄養があるのではなく、バランスよく栄養価が摂取することが出来ます!

 

サツマイモ1つでこれだけ沢山の栄養価が摂れるので是非みなさんも料理の一品として食べてみるのもオススメだと思います!

 

木曜日は月末で休館日なので、次回は来週の月曜日になります!

 

それではまた月曜日に!

 

男性も通えるジムです!!

公開日:2020年10月21日(水)

こんばんは。

 

ライフプラス西明石の泉川です。

 

さて、当クラブはよく「女性専用ですか?」という質問をいただきますが、そんなことはありません!

 

男性もしっかりとトレーニングしていただけるジムとなっています!

 

もちろん、女性の会員さまが多いのですが男性の方もそうした中でしっかりとトレーニングをされています!

 

その様子はコチラ

https://www.instagram.com/p/CGm4SMIJq5B/?igshid=1yorgi2gb3pt

※イイネやフォローをお願いします!

 

男性の方でも目的に応じた内容を提案させていただきますので、是非一度ご来館いただければと思います。

 

無料体験予約はこちら!

https://lifeplus-fitness.net/taikenpre

 

皆さまの体験予約をお待ちしています!

 

また、会員に皆さまはご紹介もお待ちしています!

 

 

サツマイモの栄養価の続きについて!

公開日:2020年10月22日(木)

 

こんにちは。

 

ライフプラス西明石の西川です。

 

ここ最近、日中暑く、夜との気温差があるので体調を崩さないようにお気をつけ下さい!

 

さて今回は、前回の続きでサツマイモの栄養価についての続きを書いていきたいと思います。

 

前回説明できなかった残り3つを説明していきたいと思います!

 

5つ目は、ビタミンEです。

 

油脂に溶ける脂溶性ビタミンです。

 

抗酸化作用を持ち、体内の脂質の酸化を防ぎます。

 

この働きによって細胞膜の酸化による老化、血液中のLDLコレステロールの酸化による動脈硬化などの生活習慣病の予防になるといわれています!

 

6つ目は、アントシアニンです。

 

赤ワインに含まれているポリフェノールの一種、アントシアニン色素が含まれています。

 

アントシアニン色素は生活習慣病を引き起こす活性酸素の働きを抑制する作用があります!

 

7つ目は、βカロテンです。

 

βカロテンは体内でビタミンAに変換されます。

 

こちらも抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に期待できます!

 

他にも、白内障の予防や視力の維持等、目の健康にかかわっています。

 

前回のを合わせると、主に7つの栄養素が含まれていることがわかります。

 

さらに、皮も一緒に食べることで、ビタミンCやポリフェノール、ヤラピンといった美容に良い成分を多く摂取することができるので、料理に使うときはぜひ皮も捨てずに食べましょう!

 

次回は、1日に必要な栄養はサツマイモでどれくらい摂れるか書いていきたいと思います!

 

それではまた月曜日に!

 

ライフプラスInstagram始めました!

公開日:2020年10月20日(火)

こんにちは。

 

ライフプラス西明石の泉川です。

 

本日は晴天で気持ちの良い1日ですね!

 

昨日とは違い少し暑いくらいですね・・・。

 

さて、タイトルの通りライフプラスではようやくInstagramを始めました!(笑)

 

クラブからの情報やレッスンの雰囲気、お客さまの成果、またくだらないお笑い系動画等、色々配信していく予定ですので、楽しみにしておいてください!

 

Instagramを行っている方は、フォロー、イイねを是非ともお願いします!!

 

nametag

 

URLはコチラ⇒ http://instagram.com/smallgym_nishiakashi?utm_source=qr

 

皆さまからのフォローをお待ちしています!

 

それではまた明日!!

 

サツマイモの栄養価について!

公開日:2020年10月19日(月)

こんにちは。

 

ライフプラス西明石の西川です。

 

昨日は、近所の方にサツマイモをお裾分けしてもらいました!

 

今年初めて食べましたが、気温が下がって寒い中のホクホクの焼き芋は格別に美味しかったです!

 

なので、秋の旬な食べ物であるサツマイモはどれくらい栄養があるのか書いていきたいと思います。

 

まず1つ目は、ビタミンCです。

 

体の細胞同士を結ぶコラーゲンを作るのに不可欠な栄養素で、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ他、カルシウムやミネラルの吸収を促進する働きがあります。

 

通常のビタミンCは熱に弱い特性をもっていますが、さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強い特性があるといわれています!

 

2つ目は、食物繊維です。

 

水に溶けやすい水溶性食物繊維は小腸での栄養素の吸収速度を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑えると言われます。

 

水に溶けにくい不溶性食物繊維は大腸を刺激し、排便をスムーズにすることで腸がきれいになります!

 

3つ目は、ヤラピンという栄養素です。

 

ヤラピンとは、さつまいもを切った時に断面に染み出してくる白い液体です!

 

さつまいもに含まれる特有の成分で、熱に対して安定的、加熱調理をしても変質しません。

 

腸の蠕動運動を促進し、便をやわらかくするといわれています。

 

4つ目は、カリウムです。

 

野菜や果物、豆類等に多く含まれている栄養素で、ナトリウムとともに細胞の浸透圧調整を維持している他、腎臓でのナトリウムの再吸収を抑制して排泄する役割も担っています!

 

後3つありますが、長くなるので続きは次回に書きたいと思います!

それではまた木曜日に!

 

温泉による心理効果について!

公開日:2020年10月15日(木)

こんにちは。

ライフプラス西明石の西川です。

最近、朝晩急に冷え込みましたが、今週は昼間27度と気温が高くなってきました。

季節の変わり目でもあるので、温度差で体調を崩さないように気をつけましょう!

さて今回、温泉による転地効果について書いていきたいと思います。

前回は温泉による効果について書きましたが、周りの地形や景色よっても体を癒す働きがあります。

環境に恵まれた温泉地に行くことにより五感に刺激を受けると、脳内のホルモンを調節する内分泌系や呼吸、消化といった生命維持活動をつかさどる自律神経の中枢のスイッチが入ります。


そこで、ストレスを解消し、精神疲労や病気に効果を発揮します。


「澄んだおいしい空気」「森林浴によるリラックス」「避暑によるさわやかさ」など、自然環境に恵まれた温泉地ならではの効果が期待できます!

転地効果は、5~6日で活発になり、1ヶ月を過ぎると薄れます。

もちろん1泊2日でも転地効果、免疫力向上効果は得られますが、できれば「滞在」する方が良いとされてます。

「海の温泉地」「高原・山の温泉地」といったように環境を変えて温泉めぐりをするのも効果的です。

山・高原の温泉では、涼しさと適度な標高による「転地効果」が得られます。


涼しさが気持ち良さ(リラックス)を与えるのはもちろんのこと、スポーツにおける高地トレーニングの原理で、知らず知らずのうちに心肺機能が鍛えられます。

ちなみに「転地効果」を考えると、標高300~800mの森林の多い高原地帯がよいといわれています!

露天風呂など周りの景色が見えるところに浸かるのが外の風も感じられ、非常にリラックスできると思います!

それではまた月曜日に!

 

温泉の効果について!

公開日:2020年10月12日(月)

 

こんにちは。

 

ライフプラス西明石の西川です。

 

昨日朝から天気が良かったので、友人と小野市にある「ゆぴかの湯」に行ってきました!

 

周りに山や森が一望できる露天風呂がとても気持ち良かったので是非行ってみてきてください!

 

今回は、温泉の効果について書いていきたいと思います。

 

まず1つは、温熱効果です。

 

あたたかい温泉で血行がよくなることでより多くの効能が得られます。

 

体が温まることにより血管が広がり新陳代謝が高まり、体内の不要物の排泄を促す効果があります。

 

また、熱い温泉(42℃以上)はしっかりと目が覚めた状態になり、ぬるめの温泉(3740℃)は気持ちを鎮める働きがあり、落ち着いた気分になります!

 

2つ目は、水圧効果です。

 

体表面にかかる静水圧により全身に圧力がかかり、内臓が刺激され、内臓運動となります。

 

つまり、天然マッサージの状態です!

 

特に脚の血液は、陸上では、重力が邪魔をして血液が心臓まで上がりにくくなります。

 

ところが、入浴すると水圧で血管が細くなり、血液が心臓に向かって押し上げられます。

 

その結果、下肢の静脈の流れが良くなり、血液やリンパ液の循環も活発になっていきます!

 

3つ目は、浮力効果です。

 

温泉に首まで浸かると、体重は約十分の一になり、体を自由に動かせるようになります。

 

体が軽くなった感覚により筋肉が緩み、脳がリラックスした状態になりやすいようです。

 

また、体の各部分を早く動かすと、水の抵抗力が加わり筋力の強化にもなります!

 

これを利用して筋力の弱った人や運動機能の低下した人のリハビリテーションにも利用されています。

 

上記のように、温泉にはリラックスの他に様々な効果があるので皆さんも家のお風呂もいいですが、外の景色を見ながら入浴してみるのもオススメです!

 

それではまた木曜日に!

 

Copyright © Life Plus⁺ All Rights Reserved.